2012年2月29日水曜日

not title

搬出を終えた個展会場。ライブペイントで描いたクジラのキャンバスを壁から外すと、クジラの口先やだけが残っていて、ちょっと切なくなった風景。
この絵はこれから更に描き込んで、木枠を創って張ります(^ ^)

アトリエがどんどん狭くなる…(~_~;)
どうしよ…本当に狭くなってきた…

会場にライオンやオオカミを立て、天井からサルや鳥を吊るしてたのですが、

アトリエに作品降ろしてたら、お父さんが、

『…このオオカミやサル達も…アトリエ置いてくのか…』

と、欲しそうな顔でじっと見てたので…(笑)父に譲る事にしました。

そして、お父さんとあのオオカミ達に1番良い!!展示場所を見つけたので、そこに飾る事にしたんです(^ ^)

そこは…お父さんが創ってる『森の美術館』です(^ ^)

その準備をして、雪がとけ、緑の季節になったら、オオカミ達を森の美術館に連れていきたいと思います♫

その時また写真を載せます(^ ^)





2012年2月27日月曜日

個展終了しました(^ ^)

昨年の12月から開催してました、日本生命ビルでの個展、『クジラだって空をおよがせればいいじゃない』、昨日で終了しました。
今回の個展では期間中にライブペイントもやったりなど出来たことや
展示空間の使い方や、展示方法、ライティングなどももっと勉強したいなと思えるいい機会になりました。
新しい技法を試したり、
大きな絵も描けたりで。
今回のクジラの絵をまた別の空間でまた違う展示方法で個展をやりたい、と思いました。

たくさんの方に来て頂けて
本当にありがとうございました。

さ、また次へ向けて制作です(^ ^)


2012年2月25日土曜日

ムースのいる風景

ムースが好きで、よくムースを描きます。
ムースを想うと風を感じ
風を想うと、ムースを感じるからです。
でもムースとの出逢いは、星野道夫さんの写真と言葉でした。

先日、知り合いの方からメールを頂きました。そこに昔、私がブログで
書いた言葉、私がと言うよりは、私が、星野さんの言葉を書きました。

そして、頂いたメールを見たとき、私もまた、その言葉を思い出しました。

初めて、星野道夫さんの写真や言葉を見た時、

なんで、この人は、こんな言葉を書けるのだろう、
どうして、こんな写真撮れるのかなかって、
そんな感覚になったのを覚えています。

風のような、言葉と写真でした。

それは、星野道夫さんが風のような、大地のような人なんだからだと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間の気持ちとは可笑しいものでね。

どうしようもなく些細な日常に左右されている一方で

風の感覚や初夏の気配で

こんなにも豊かになれるものですら。

人の心は深くて、
そして不思議なほど浅いのだと思います。

きっと、その浅さで、
人は生きてゆけるのでしょう。


星野道夫




2012年2月22日水曜日

日本生命ビルの個展もあと一週間。

昨年12月から行ってる日本生命ビルでの個展もあと一週間となりました。
(正確にはあと6日です〜。)
先週、ポストカードや額の作品を追加してきまして、
クジラなどの他に前回の個展で描いた、ムースやバクやシロクマと櫻の絵などもいれました(^ ^)
バクとコピートはA4サイズくらいです。
来週火曜日の28日夕方くらいには始めようと思ってるので、それまでは作品飾ってあります♫(^ ^)



2012年2月18日土曜日

櫻-シロクマが夢見たもの-

【櫻-シロクマが夢見たもの-】

not title

思ってるイメージが形にできない。。!
多分まだイメージも悩んでんだ!だけど頭で考えても分からないからとにかく手動かすしかないんだけどもうまくいかない…うまくいかないけど描くしかないしの繰り返し!

今描いてるの、昔行った、釧路湿原や、雨竜沼湿原のあの時の感覚を思い出してる。十勝もすごかったな。千年の森。(危うくスズメバチに刺されるとこだったが。笑)富良野はまた違う風が吹いていたな。(^ ^)
地元の公園に山の奥に繋がってる公園があって、お姉ちゃんと一緒に大きな木の下で画板広げて絵描いたんだ。
すごくすごく楽しかった。
お姉ちゃんと絵を描く時間は本当にいい。
あと、ある岬…名前なんだっけな…(>_<)海の色が嘘みたいな綺麗な色だった。ターコイズに深みのあるフタロシアニンの青が混ざったような。
それから滝野の流星群。すごい数の流星をみた。今はなくなってしまった特別な場所だった。
こんな事を考えてると、またいろいろ自然に会いに行きたくなる。
いつか絶対屋久島の縄文杉に会いたいんだ!でも、やっぱりまず、ここ北海道にあるたくさんのまだまだ出逢ってない自然や場所があるから、北海道のいろんな所をみたい(^ ^



2012年2月15日水曜日

ライブペイントphoto

先日のライブペイントの様子の写真をHPの方に載せました。
ちょこちょこHPいじってます。
→ Atelier"KASUMI" LIVE PAINT-station999







2012年2月13日月曜日

作品追加してきました。

日生ビルの個展会場にポストカードや額の作品をたくさん追加しました。
オオカミのいる風景などのポストカードもいれてあります(^ ^)
なんか…フェイスブックをタイムライン表示に設定したら、ブログとの連携出来なくなっちゃったのかなぁ…?(゚д゚lll)(タイムライン表示どんなもんかやってみたら、元に戻せなくなった( i _ i ))
追加した作品はまたアップしていきます。(^ ^)




2012年2月11日土曜日

2月

毎年のこの時期…去年を振り返る…確定申告の時期
去年は提出〆切を一ヶ月くらい勘違いして、一週間前に気付いて慌てふためいた思い出があり…今年はちゃんと今から作業取りかかった!
弥生さん立ち上げたんだが…はて…どうやるんだったか…。笑
と、毎年忘れてしまぅ…
ノートを見ながら少しずつ思い出して…請求書の整理はおわったー!
フリーで始めてとりあえず覚えた方がいい事を勉強して作ったノート。
(…未だにわからない事だらけだが…去年初めて、収入印紙がコンビニで買える事を知った!笑)

あとは…領収書の打ち込み…ひたすら一年分の打ち込み…!
とりあえず、私は一年分のレシート、領収書を全部取っておいてある。

…自慢じゃないが…
ほぼ経費!!




2012年2月8日水曜日

この道の先

title この道の先

『この道の先に何があるのだろう。

君は言ったんだ。
土を耕す事が、大事だと。
種を蒔く事が、大事なんだと。

だから僕は思ったんだ。
花を咲かしたその時よりも、
ずっとずっと大事だと。

僕は歩いた、委ねる想い、
ただそれだけを道標に。


この道の先にあったもの。
それは、
あの時信じたかすかな光の
結晶の花。

そして君は言ったんだ。

大丈夫、私はあなたの全てを受け入れるから。と。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

個展会場に飾ってある中の一枚の絵です。
(ライブペイントの日に開始早々に倒れました…笑。近くの方、びっくりされましたよね、ごめんなさぃ。笑
私もかなりびっくりした…笑)

この絵、今回の個展に向けて描いた最初の絵でした。真っ暗な暗い中にいた、真っ白な象が花を咲かせた絵です。

この絵に言葉を書いた時に、
自然と、君、と、僕、と言う二人が出てきました。
2人いるようで、でも私がこの絵を描いた時にいた君と僕は、2人共、『私』でした。

自分で自分に何度も言い聞かせては、
またそれに反論したり、自信をなくしたりする、もう一人。
その自分にまた言い聞かせて。

土を耕す時期を、忘れちゃいけないよ、と。
土を耕していれば、いつか必ず花は咲くんだと思う。

人と人は支え合って生きてると思う。
だけど時には、自分でしか救えない自分がいると思う。
そしてまた、自分の力だけではどうすることも出来ない力が動く時があるんだと思う。
その時に、委ねる事を知るんだと思う。
なんだかこの世界は目に見えないもので動いてる。

無力さを感じるのは、
悪い事じゃない。

『無力』って、悲しい言葉に聴こえてたけど、そうじゃないんだって思ったんだ。

無力さを知って、委ねる事や自分だけじゃない存在を知って感謝を知る事が出来るのかなって思った。
無力さを知って、自分だけの力で生きてる訳ではない事を知れる様な気がした。

空を見上げるのが大好きだった、昔から。
悲しい時、空を見上げた時、自分がちっぽけに感じた

例えば、社会の中で自分をちっぽけと思うと、なんだか自信がなくなったりだけど

空を見上げた時のちっぽけな無力さは、悲しみなんてなくて、
安らぎや安心をくれたんだ。
包まれてるようだった、

だから
空を見るのが好きだったのかもしれない。
だから人は空を見るのかな。




2012年2月1日水曜日

【新千歳発】

新千歳空港の小笠原商店さん限定で販売されているお菓子
【新千歳発】。ホワイトチョコレートの中にはハスカップが(^ ^)
私も頂きましたがとっても美味しいです。
昨年の秋頃あたりから販売されているのですが、
このパッケージデザイン・イラストを制作させて頂きました。
千歳の勇払原野には唯一、自生のハスカップがそだってます。
イラストの鳥は勇払原野にいる野鳥のノビタキです。

この【新千歳発】は小笠原商店さん限定です♫そしてこちらも、六花亭さんの製造ですょ(^ ^

めちゃくちゃ美味しいです。本当に。

お店に行ったら毎回、元気な笑顔で迎えて下さる、六花亭の佐藤さん(^ ^)
そして小笠原商店のみなさんも本当に
温かな素敵な方たちです。
今回や別件の件でも…本当に毎回親切な温かい対応で…。

国内線ー小笠原商店
小笠原商店ショップ
国際線ー山ト小笠原商店
山ト小笠原商店blog
ぜひ立ち寄って頂けると嬉しいです(^ ^)