2013年5月29日水曜日

昨年の上野ファームでの個展会期中のライブペイントにて。

ちょっといろいろあって、
昨年の上野ファームさんで行ったライブペイントの
写真を見てたら、こんな写真が出て

きました。
緑の中風の中花に囲まれ青空太陽の下で絵を描いていたら.....










ニワトリさんが近づいてきてくれたょ♪
(嬉しいのとちょっとドキドキ。)

そのあとちっちゃなペンギンも近づいてきました。










......ぁ、じゃなかった、ペンギンじゃなく甥っ子の黎でした♥




その後ずっと傍をうろちょろしてたので(私は全然いいんだけど♥)
ママに捕まってしまってました。笑










(しだちゃん、いいだちゃん、ほんとにありがとう!^^)

ちなみにこのライブペイントの他の写真はHPのイベントページに載っけてるょ↓
http://visionquest-jp.com/kasumin/cn15/pg88.html








2013年5月25日土曜日

個展制作記 - 1

これからちょくちょく個展までの制作までの様子とか
個展に込めた想いとかちょくちょく書いていけたらと思ってま

す。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ _ _ _ _ __ _ _

今回の個展「太陽の物語り-神々の遊ぶ庭-」は
大きなきっかけが1年半前くらいに起こったことでした。

1年半前くらいに私もまたずどーんと落ちてた時期があったんですね。
ほんと部屋の隅っこで頭の上に線が入って目が白くなってるような感じ。笑 
漫画のシーンにあるような感じの(笑)

窓際に座ってたんです。
そしたらその時、窓から太陽の光がわぁぁぁーっと
部屋に入ってきて、自分を包み込んでくれたんです。

その時になんだか、
「だいじょうぶだよ」と言ってもらえてる気がしたんです。

その温かさに、言葉も出ないような安心感に、
なんかうまくいえないけど、

あぁ、これでいいんだなぁ、って思ったんです。

「無心」のような気持ちになりました。
その時だけ「無心」のような気持ちになれたんです。
作品制作に入り込んだ時とはまた別の。

それは過去の小さい頃に大湿原や森の中で感じた感覚や
屋根に寝転がって
星空を見上げ星空に包まれた時と同じような感覚に似てた気がします。

太陽が、太陽の光が自分を、今のありのままの自分を
受け入れて包んでくれた様な気がして、
その感謝に気が付けば、太陽に向かい手を合わせている自分がいました。

“太陽に向かって手を合わせる”、その行為の意味を知ってはいたけど
改めていろいろと知りたくなったんです。
その時無意識に太陽に向かって手を合わせていた自分がいた、
自分の中にもやっぱりご先祖様からの遥か昔の記憶が確かにあると思ったので。

そして、今年は、伊勢神宮の20年に一度の式年遷宮の年ですね。
なぜかその事が気になってしょうがなかった。
多分それは、今年、十数年ぶりに初詣に北海道神宮にいったんです。
お宮のある門をくぐった瞬間のあの空気の流れが、言葉では言えない感覚で。
その事もあって神宮や神社が気になってしょうがなかったと思うんです。

そういった事を自分なりに調べて、知っていくうちに
太陽に向かって手を合わせることや、そこから繋がる遥か昔の日本人の想い
なんで日本の国旗は日の丸になったんだったんだろうとか、
日本語の深い意味や、その意味と神宮との繋がり、本当の日本人精神、
素晴らしいな、美しいなって思ったんです。

それらをパネルにして絵の傍に貼ってあります。
パネルの数も多いかも知れないけど、全部とは言いません。(笑)
もしふっと目に入って気になったものだけでもいいので
絵と、そして手書きで綴った言葉を見て頂けると嬉しいです。

自分も知らなかった事がたくさんで
いろんな過去があったことは確かです。

でも素晴らしい精神も私たちのご先祖様は残してくれました。 

 太陽と共に生き、自然を敬い、人を敬い、
 目に見えぬものの存在を敬い大切にしてきた日本精神。

 その想いを私も忘れずに生きていきたい。

そして、その想いを、今だからこそ、
作品で少しでも伝える事が出来たなら。
それがこの個展に込めたひとつの思いです。一番の想いです。

会場の写真の(ほんの)一部ですが。
これが、多分最後に辿り着く作品だと思います。
【太陽の物語り】という赤い本です。
是非、本を開けてご覧になって頂けると嬉しいです。

(この台、蓋があけたり閉めたり出来るようになってるんですが、
 今回は開けたままの展示にしてます。なので、開けたままで大丈夫です^^)













2013年5月19日日曜日

ラジオ出演のお知らせ

*ラジオ出演のお知らせ*

5月22日(水)FM NORTH WAVE82.5 12時からのチアラジ!のコーナー
「Cheers Life」に出演します。12時25分〜

今回の個展「太陽の物語り」のご案内や
今回の個展に込めた想いなどDJの奥かおるさんとお話する予定です。

私は、、、、滑舌が悪い、、、と言うか、それもあるし、
人前で話すとなる時、声がどもる(?)というか、ごもる(?)というか、
なので、しゃっきり、話せるようにがんばろ。笑



■82.5FM NORTH WAVE チアラジ~Cheers Radio
●5月22日(水)12時25分〜「Cheers Life」

2013年5月8日水曜日

札幌芸術の森美術館ミュージアムショップ【polaire】にて作品販売のお知らせ


札幌芸術の森美術館ミュージアムショップ【polaire】(ポレール)にて、
昨年の展示に引き続き作品を販売させて頂いております。
仏語で北極星という意味だそうです。




ポストカード6種類とオリジナルの手書きのガラスカップを販売させて頂いてます。
カップは全て手描きの一点ものになります。




【シロテナガザル】

【桜とシロクマ-シロクマが夢見たもの-】
カップ&ソーサーセット

【シロクマのいる風景】

【陶磁器用絵具を使用して焼き付けております。 APマーク*取得の絵の具で人体に無害で安全な絵具ですので、作品は暮らしの中の器として、安全にお使いいただけます。】

0507 雪解けの山

今日は近くの公園に行ってきた。公園と言っても裏がもう山のようなところ。

雪が溶けて木の枝やぼっこがたくさん落ちてた。
こういうのを拾い集め回るの大好き。山に感謝感謝。

とりあえずまだ湿っているので乾燥させよう。

山で木の枝や、海で瑪瑙や石や拾い
何か作品に使えないかなって思ってアトリエにためておいてる。


公園の野球場では少年達が元気に野球をしていた。






2013年5月6日月曜日

今日はまた15時くらいからちょこっとだけ、富良野の個展会場覗きにいってきました。
会期も長いので普段は札幌の方にいるのですが、出来るだけ様子を見に来たいと思ってはいます。。。
会場向かう車の中で、ふっと車の中に飾ってあった額。
4年前くらいの父の誕生日に贈ったプレゼントが飾ってあった。
絵は父の畑に一緒に芋掘りに行った時の想い出。
思えば五年前の最初の個展の時から、個展や展示の搬入には父がいつも隣にいて手伝ってくれた。
個展の荷物はほんとにいっぱいになるのだけど、我が家の車がちょっと大きな車だったので、
荷物は全部入ったんです。笑
大変でしたが…。笑
今回や前回の美術館での展示には学芸員さんや展示をして下さる専門の方たちがいて下さったけど、

最初の頃や他の展示はもちろん全部自分達での展示で、
父の力には何度も助けられました。

旭川の個展搬入でもトラブルがあり(笑)がっくり落ち込んでた自分を、
『果澄!まだだ!まだあきらめんな!』と、力を貸してくれたのも父だった。
(だぁ!なんか…書きながら思い出してたら泣きそう!!!笑)
そういった事があったから、
今回とか、業者の方にやってもらえる有り難みを本当に感じたし、

そして毎回、家族とかに支えられやれてることに、
感謝です

学校を卒業して、すぐにフリーの道を選んだ
絵から離れたくなかったから
(それと同時に、やってみなきゃわからないじゃないかぁ!って気持ちがありました。笑)


広告などの「仕事」で絵は描いてたけど、
作家としての絵を描いて生きていきたいって想いで毎年必ず個展は続けるって自分で決めて、

個展は続けてきました。

それもやっぱり支えてくれた人や応援してくれた人がいたからでした
昨年、私的なことだけど、家庭の事情でいろいろあって、アトリエと家の行き来だけでも本当に大変だった。
個展の始まる日程は決まってたから創らなきゃとなってて、

その時も、同じく一緒に絵を描いてる姉が個展前の期間、
お姉ちゃんは自分の制作よりも私に制作出来る様にがんばってくれたりしたんだ。

支えてくれた人達の存在を思うと、
これからも制作して、作品や自分の成長出来た姿でその感謝を返していきたいと思う。

…また長くなったぞ…
(友人に「お前の日記は長いんだょ!!」と言われ続け…それでTwitterの、方も始めたんです。笑
Twitterまだあんま理解出来てない…)

写真は車に飾ってあった父に贈った絵。

普段は父に、
絵や作品や展示に関しては褒められた事がなかった

だけど、今回の展示の搬入を終えた時、
頭をぽんっと軽く叩いてくれた。
(がんばったなって意味なのかな…きっと。)

それが本当に嬉しかった。




2013年5月5日日曜日

not title

今日は姉夫婦と甥っ子ちゃん達と、そしてお母さんも一緒に個展会場へ。
自分の作品を見てもらえてくれてる時ってなんかソワソワしながら会場にいますが(笑)
皆さん文章までゆっくり見て下さってる風景が見れて本当に嬉しかったです。
本も開いて見てもらえて、とてもとても嬉しい。
本の作品たち、札幌芸術の森美術館でも展示してた作品ですが、
表紙はあまり変わらない本も中は結構ほとんどの本いろいろ変えました。
なので、芸術の森の展示でも見てくださった方も、また本を開いて見て頂けると嬉しいです。

今日展示みた後にみんなでご飯食べに入った食堂で、
北の国からのポスターを発見!富良野にはまだちょこちょこ残ってるんですね^_^嬉しい^_^









Twitter

Twitterのアカウント作ってみました。
まだほんとにアカウント作っただけで、どう投稿したらいいかもわからない状態…。
多分、『果澄』で検索したら出るのか…な…?それかAtelierKASUMIか…ぅ〜ん…(~_~;)とりあえずこの投稿にはリンクされてるはず…。
そもそもTwitterがどういうものなのかもまだよくわかってないんで、、、まぁぼちぼちやっていきます。

↓これです〜。

https://mobile.twitter.com/AtelierKASUMI

2013年5月4日土曜日

今日再び富良野に来ました。
前回の搬入で出来なかった箇所、最終調整を行い無事に完了しました〜!^_^
(この1週間の間に来て下さった方にその所をお見せ出来なかったのが…すみません…)
短い間ですがメッセージブックに書いてもらえた言葉たちを読んだら
じーんっと一人ノートの前で立たずんでしまった。

調整を終え帰ろうと外に出たら思いがけずの個展開催お疲れ様と、プレゼントまで!
富良野キャンドル工房さんの素敵な“しばれキャンドル”頂きましたょ〜♫
(慶太くん、えりなさん!ありがとうございました!^_^)

写真は、この数ヶ月間ずっと共にしてきた制作日記みたいなもの。

個展で仕上がった作品と同じくらい毎回大事な宝物です^_^